島根県美郷町公式 note

島根県のほぼ中央に位置し、その南北を中国地方最大の「江の川(ごうのかわ)」が貫流。緑豊…

島根県美郷町公式 note

島根県のほぼ中央に位置し、その南北を中国地方最大の「江の川(ごうのかわ)」が貫流。緑豊かな山々に囲まれ、美しい自然風景が四季折々の姿を見せます。

マガジン

  • 🐗美郷バレー構想

    • 37本

    美郷バレー構想による取り組みを発信しています! https://www.town.misato.shimane.jp/yamakujira/

  • 🛶カヌー振興

    • 14本

    美郷町では、「カヌーの町」としてカヌーの町づくりを行っています。 その中で、2030年に開催される国民スポーツ大会(国スポ)のカヌー競技会場に決定しました。全国からのカヌー競技者を迎え入れるための準備を始めています。 noteでは、カヌー振興の様子や建設中のカヌー艇庫の進捗状況、カヌーについてのあれこれなどなど随時発信します!

  • ⛰️大人の山留学

    • 29本

    就労方お試し移住制度「大人の山留学」についての紹介や留学生の様子を発信します!https://www.shimanemisato.com/yamaryugaku

  • 🙋‍♂️地域おこし協力隊

    • 4本

    美郷町地域おこし協力隊に関する取り組みを発信しています! https://www.shimanemisato.com/tioko

  • 国際交流員の日常

    • 7本

    美郷で活躍する国際交流員の日常を発信します。

リンク

ウィジェット

最近の記事

“楽ちん”獣害対策製品の誕生

5月22日(水)、美郷町乙原の吾郷地域なでしこ会(旧吾郷地域婦人会)の管理運営の青空サロン畑において、美郷バレー協定企業・(株)テザック(本社・大阪市)と美郷町で共同開発したワイヤメッシュと電気柵線をつなぐ接続部材の開発発表を行いました。 梅雨入りを前に会場の青空サロン畑は4月13日に吾郷地域なでしこ会で植付けしたジャガイモの淡い紫の花や柑橘系果樹の白い花が咲いて1年で一番華やかな環境で、開発後の流通販売を担う美郷バレー協定企業の鳥獣害対策製造機器メーカー・タイガー(株)やJ

    • 身近なところから

      みなさんこんにちは。“編集I”です。 新年度のバタバタで、あっという間に過ぎてしまった4月。 GWにしっかり休んでリフレッシュ!のつもりが、疲れがドッときて…という方もおられるかもしれませんね。どうぞご自愛ください😌 今回はそんな方にも読んでいただきたい、“I”がほっこりした話をお届けします。 学校でもらったよ ある日のこと。 学校帰りの子供が「お母さん見て!学校でもらったけど、これ、お母さんが関係しとるやつでしょ?」と笑顔で出してくれました。 それが、コチラ↓ 国ス

      • 建築好きな方 ご注目ください

        カヌー艇庫の見学に行ってきました! 艇庫は、4月8日から一階の組み立てが始まり、現在3分の1(模型の赤く囲んだ部分)ほど進んでいるそう。 作業が急ピッチで進められ、GW明けには二階部分と屋根が取り付けられるそうです。 屋根の素材といえば? みなさんは屋根の素材といえば何を思いつかれますか? 瓦やガルバリウム、新築戸建てで最も使用されていると言われているスレートなどを想像される方が多いのではないでしょうか🏠 でも…「艇庫はエレベーター部分以外、全て木で出来ている」そうです

        • きっかけは陸上?!

          4月🌸新生活を始められた方もいらっしゃると思います。 "編集I"もその一人。カヌー振興スタッフとして、新たなスタートを切ることとなりました。みなさま、どうぞよろしくお願いいたします☺️ 実は…カヌーのこと、ほとんど(全く)知らないんです💦 私の家族に陸上をやっている子供がいるのですが、その子供が出場したとある大会で流れたアナウンスがこちら↓ 「島根で国スポが開催される2030年、今走っているこの子達がちょうど大会に出場できる年齢になります!この中から出場するお子さんもいる

        “楽ちん”獣害対策製品の誕生

        マガジン

        • 🐗美郷バレー構想
          37本
        • 🛶カヌー振興
          14本
        • ⛰️大人の山留学
          29本
        • 🙋‍♂️地域おこし協力隊
          4本
        • 国際交流員の日常
          7本
        • 🇮🇩バリ島マス村交流
          20本

        記事

          邑南町スキップの会と山くじら横断幕

          4月13日(土)、美郷町と同じ邑智郡3町の一つ邑南町で男女共同参画を進める「スキップの会」8名の皆さんが美郷バレーの視察に町内乙原集会所にこられました。 スキップの会は合併前の瑞穂町男女共同参画協議会の関係者が新町を機に協議会の活動を続けていこうという思いで会を設立されました。様々な立場(農業・非農業・役場OB・議員・・・)の方で構成され、地域愛の伝わる会のメンバーでした。 この日は、なでしこ会乙原支部長(旧婦人会)で青空クラフト代表の安田兼子さんほか3名のメンバー、草刈りを

          邑南町スキップの会と山くじら横断幕

          雅ねぇとキジ

          この季節、「ケン、ケン」とキジの第一声。アオバトの「ア~オー、ア~オーア~」、イカルの群れの「しひち、にじゅうし(七×七 24)」ののんきな声、ウグイスの声も加わって混声合唱で新緑芽吹く、山くじらの郷の朝がはじまります。 キジを多く見かけるのは、集落で耕作しない田畑が増えて草原化しているため、繁殖期を迎えたキジにとっては格好のすみか、餌場になっているからです。草刈りをして突然、キジが飛び立って驚いた人も少なくないはず。 4月13日(土)午前7時、草原化している田畑で草刈りをは

          狩猟の魅力まるわかりフォーラム出展

          先月3月20日(水)、北海道江別市 酪農学園大学を会場に環境省主催の『狩猟の魅力まるわかりフォーラム』が開催されました。 今回は北海道に会場を移して狩猟者の交流や若手育成など狩猟の魅力を伝えるイベントとなりました。 フォーラム運営事務局は、福井県敦賀市に本社を置く美郷バレー協定企業・(株)BO-GA(ボーガ)さん。 会場ではタイガー(株)さんが出展。 ここ北海道でも美郷バレー協定企業がコラボ・連携して注目を集めました。 (株)BO-GAから、タイガーさんの山くじら燻製の試食

          狩猟の魅力まるわかりフォーラム出展

          青空クラフトの活動9000㎞離れたポーランドへ

          4月2日、隠岐の島町商工観光課から1通のメールと写真が届きました。 隠岐の島町と平成28年(2016)に友好都市提携をされているポーランド・ヴィエルコポルスカ県・クロトシン市から3月27日付けでヴィエルコポルスカ県とクロトシン市、ジビエ加工会社のラス・カリシュ、そしてエビエルノ村婦人会、4者の「意向表明書」。 昨年5月に美郷町の訪問を通じて学んだイノシシの皮革工芸を4者で連携しながら実践していくという意向表明です。 1年前の視察(バレーHP「ポーランド・クロトシン市視察団1

          青空クラフトの活動9000㎞離れたポーランドへ

          雅ねぇとサクラ

          3月26日(火)、天気は雨。 美郷町の中心地・粕渕(かすぶち)の入口、早見川が江の川と合流する県道沿いの桜の木。 道路沿いの桜の木で毎年一番早く咲く桜の木。 桜の開花のはじまる季節は農繁期のはじまる季節でもあります。 この桜の木から江の川を約6㎞下った吾郷公民館の一室では、竹田勇副公民館長が「獣害対策は繰り返し学習することが大切です。自分の畑は自分で守って、育てた野菜を自家消費していけるよう年度末ではありますが獣害対策研修会を開催します」と開会宣言。 講師は獣害研究家“雅ね

          1年間の活動報告@大人の山留学レポート

          とうとう大人の山留学生を卒業する日が近づいてきました。 バリ交流担当として活動していく中で、多くの方と関わりを持つことができ、今ではバリ交流にとどまらず、色々なジャンルの仕事をさせていただいています。 バリ訪問、バリとみさとと。まつり、ポスター・チラシ制作、美郷町note、ホームページ制作など、他にもたくさんの今までにない経験をさせていただきました。 先日、地域おこし協力隊活動報告会に混ざって、私の1年間の活動報告を行いました。今回はその一部を紹介します。 私がやって

          1年間の活動報告@大人の山留学レポート

          トレーニングじゃないよ!!Part2

          カヌーと言えばトレーニング‼️ わりとストイックなものをイメージする方が多いと思います🤢🤯💦 この度のイベントでは、町内の小学生を対象に遊ぶ感覚で体幹を鍛えるような内容で講師にご指導いただきました٩(๑❛ᴗ❛๑)۶ 当日は、町内それぞれの学校から11人の小学生が参加してくれました。 それから、邑智中カヌー部の生徒さん有志6人に体幹遊びの手伝いとエルゴマシーンについての説明をしてもらいながら、小学生と交流してもらいました。 講師からの ✨体幹遊び✨ ①体を温める:ケガ等を

          トレーニングじゃないよ!!Part2

          豚熱…ピンチをチャンス、そして魅力に!

          3月に入り、獣害対策の捕獲活動がスタートしました。今や美郷町だけでなく、島根県ほぼ全域が豚熱感染確認地域になりつつあります。 今までの獣害対策を起点とした地域づくり、その過程で住民を巻き込む手段としての町が“おおち山くじら”と銘打って地域ブランドとして夏イノシシ(=山くじら)の利活用を行ってきました。 以前もNOTEの記事で豚熱感染区域に触れましたが、令和5年度この1年を振り返って豚熱感染区域で「やれん(困った)、やれん」で悲観し、足踏みするのではなく、前向きに従来の取組みが

          豚熱…ピンチをチャンス、そして魅力に!

          【地域おこし協力隊募集中】高齢化率約60%の集落が舞台。自分のやりたいことに挑戦できる”マイプロジェクト”。<比之宮連合自治会>

          普段どんなことしてるの?”ひめのみや楽級”の取り組み ひめのみや楽級は、比之宮公民館で毎週水曜日に開催している、介護予防を目的とした取り組みです。 主な参加者は、比之宮在住のご年配女性「ひめ」の皆さん。 軽い運動をしたり、お菓子を食べたりしながら気楽に話せて楽しめる場をモットーに運営しています。 ”ポポーとホンモロコ”の取り組み 比之宮地区には2つの特産品があります。それが、ポポーとホンモロコです。ポポーは、南国の香りと味が楽しめるフルーツとして知られ、熟すのが早く市

          【地域おこし協力隊募集中】高齢化率約60%の集落が舞台。自分のやりたいことに挑戦できる”マイプロジェクト”。<比之宮連合自治会>

          若者のつどい「みさとと。LINK」を開催しました!

          会場準備や飲食コーナー、企画(大型カルタゲーム)コーナーなど、諸々すべて実行委員で企画、手作りし、当日に臨みました! 開催直前までハンバーグを焼いたり、チーズフォンデュ用のチーズを溶かしたり、と思ったらホットプレートに電気が来ていなくて慌ててコンセントを確認したり、、、などと若干準備にてんやわんや…。 あっという間に受付の時間に! まずはチョコレートフォンデュや山くじらミニバーガー、チーズフォンデュなど、美郷の特産や地元の農家さんから仕入れた食材などを使った飲食コーナーを

          若者のつどい「みさとと。LINK」を開催しました!

          モックアップ?!(゜.゜)

          モックアップ。 モック?🌳アップ?🆙 調べました! モックとは、「試作品の模型」「店頭の見本」の意味があり、商品化する前に作った模型やレプリカ、本物ではないもののこと。「試作」とか「原型」という意味のようです。 例えば💡モックアップを言い換えると?!🤔 「ワイヤーフレーム」「プロトタイプ」という単語があるそうです。 建設業界でのモックアップ👷‍♂️ ミニチュアサイズを用いたり、骨組みや外装、内部の一部を使って確認することを示すそうです! 何となくイメージが湧いてきたとこ

          モックアップ?!(゜.゜)

          【地域おこし協力隊募集中】バリの味が道の駅で?道の駅カフェで”バリ料理人”になるプロジェクト。<合同会社だいわもんど>

          ◆道の駅 グリーンロード大和江の川沿いの緑に囲まれたアットホームな道の駅 国道375号沿いに佇む道の駅は、裏手には散策路が整備されており、雄大な江の川が一望できます。春になれば桜が咲き誇り、カメラを片手に散策される方の姿が。カフェは木を使った落ち着いた雰囲気の店内で、季節に応じた飾りつけが道行く人々の視線を惹きます。定食には、旬の野菜を使用した数多くの小鉢が付き、好評をいただいています。併設された産直市では地元野菜をはじめ、手作りこんにゃくや、菊芋パウダーなど、美郷町の特

          【地域おこし協力隊募集中】バリの味が道の駅で?道の駅カフェで”バリ料理人”になるプロジェクト。<合同会社だいわもんど>